忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年おめでとうございます。

とりあえず、私には穏やかな年明けです。
みなさんは、いかがですか?

穏やかじゃない人たちもいます。
選挙準備で大忙し。
しかし、日本では、総選挙はかなり先送りされそうです。

でも、ブッシュ氏が消えるアメリカでは、
すでに大統領選挙が始まりました。

まず、トップを切って、アイオワ州での党員集会。
民主党では、オバマ候補が本命のヒラリー候補に圧勝したようです。
ヒラリーさん、エドワーズ候補にも破れ、3位に終わったとか。
全米での世論調査ではまだ、ヒラリー優勢とのことですから、
これからどうなるかは、予断を許しませんが。

それにしても、オバマ氏は黒人。
ヒラリー・クリントン氏は女性。
いずれが当選しても、アメリカ大統領としては初めて。
「女も黒人もイヤ」という層が、共和党に流れる、
という観測もあるようですが、それ以上に「変革」を求める声が
強いようです。

なにしろ、あのブッシュ大統領がメチャクチャにしたアメリカ。
いま建て直さなければ、国際社会での孤立は間違いない。

女性でも黒人でも、とにかくアメリカを変えて欲しい。
もはや、保守的な白人男性では、この国はもたない。
そんな雰囲気が強いようです。

当然それに対する反動も強い。
パキスタンでの例もあります。
ブット元首相の暗殺、のようなことが起こらないことを祈ります。
「女も黒人も許せない」と考える超保守派右翼の動きに、
警備当局は厳戒態勢だといいます。
まるでハリウッド映画のようなことが、
陰で進行しているのかもしれません。
なにしろ、ケネディ暗殺の国ですから。

さて、我が日本はどうなるのでしょうか。
選挙は、かなり遠のいたようです。
自民絶対不利の状況の中では、福田首相は解散に踏み切れない。
そういう観測が、政界・メディアに広がっています。
「変革」を求める国民の声は、空虚に漂うばかり。

いいんでしょうか、こんなんで……。
早く総選挙やろうぜぃ集会でもやりますかね。

それにしても難しいですよ。
いまの日本の選挙の仕組み。

小選挙区と比例代表制の組み合わせ。
先の参院選とも仕組みが違うのです。
惜敗率だの、10%条項だの、比例順位だの…。
あなたはちゃんと理解していますか?
私は、何度聞いてもよく飲み込めません。
しっかり説明できる人は、どのくらいいるんだろう。

多数党が自分たちに都合のいいように制度をいじくりまわしたお陰で、政治のプロさえ誤解するほどの複雑さです。

選挙制度を、もっと単純化して分かりやすくする。
まず、そこから始めなくてはダメなような気がします。

それはともかく、今年が皆さんにとっていい年でありますように…。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
『魍魎の匣』
 明けましておめでとうございます。今回は、K氏による原作・H氏による監督の映画『魍魎の匣』を観て、私が考えたことを書きたいと思います。  この映画の物語は、主に、相手の記憶を見る能力をもつ探偵、怪奇小説家、宮司としても働く古書店主の三人が、少女連続殺人事件の謎に挑むというものです。  この映画における「魍魎」(もうりょう)とは、生と死、自己と他者、幻想と現実、進行と逆行といったものの「境界」の狭間に潜む「ぼんやりとしたもの」です。「魍魎」は本来、マージナル(辺境にあるもの)な存在として社会の片隅にある...
URL 2008/01/05(Sat)01:36:08
米大統領選に思う。
アメリカの大統領選に関するニュースを耳にすることが多くなってきた。 漠然とした印象である。 ―平和の匂いが微塵も感じられない― このあたり、ついこの前の日本の総理選びと空気が似ている。 多くのアメリカ国民も同じ感想なのではないだろうか。 でなければ、あの..
URL 2008/01/10(Thu)12:39:45
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]