忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読売ジャイアンツはオフの補強でヤクルト・スワローズから、去年、リーグ最多安打を放ったラミレス外野手と最多勝のグライシンガー投手を、横浜ベイスターズからは日本で最速の球を投げる抑えのクルーン投手を獲得しました。

去年、セ・リーグ1位になりながら、クライマックスシリーズで中日ドラゴンズに3連敗して日本シリーズ出場を逃したのがよほど悔しかったのでしょう。「これで勝たなければウソだろ」とジャイアンツの滝鼻オーナーは言ったそうですが、この大型補強は、読売新聞の社主、渡邊恒雄(ナベツネ)氏の強い意向があったことは容易に想像がつきます。

かつて、プロ野球のストが史上初めて行われようとしていたとき、当時、選手会長だった古田捕手を指して「たかが選手が」と言ったのはナベツネ氏でした。スポーツライターの玉木正之氏が常々指摘するように、ナベツネ氏にとって、ジャイアンツは読売新聞の購買数とテレビの巨人戦視聴率をアップさせる道具程度のものなのでしょう。でなければ、生え抜きから明日のスターを育てるのでなく、よそで活躍した選手をかき集めてよしとするはずがありません。

ジャイアンツと同じく東京ドームを本拠にしていた日本ハムファイターズはフランチャイズを札幌に移して大成功しました。また、地元九州の選手を積極的にスカウトするソフトバンク・ホークスは、ローカルテレビ中継の視聴率も常時30%を誇っています。

でもナベツネ氏が目指すのは全国区の人気。北海道から沖縄まで、かつてどこにでも巨人ファンがいるような世の中を目指しているのではないか。

でも、時代は変わりつつあります。「野球は巨人」は、ナベツネ氏が政界を動かすフィクサー的な動きを身につけた政治部記者時代から冷戦後の数年くらいまでのことです。

そのナベツネ氏の仲介で大連立について密談した二人の党首討論、緊張感を著しく欠いているように見えました。

そして、かねてから読売新聞が重視するテロとの戦い。昨日、補給支援特別措置法が衆議院で可決されました。緊張感に満ちた議論が一度もされることなく。

この弛緩ぶり、かなりやばいと思います。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
平和は闘いだ
いきなりなんだか、過激な題名ですが・・これは NHK番組 「爆笑問題の日本の教養」の次回のお題です。武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現...
URL 2008/01/14(Mon)20:52:35
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]