忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やたらと行政寄り(というより権力寄り)の判決ばかりが目立つ、最近の裁判だが、(ことに「ビラ撒き有罪」はひどかった)、久しぶりに、まともな「憲法判断」が示された。

名古屋高裁が、4月17日に下したのが「イラクへの航空自衛隊派遣は、憲法9条1項違反」という判断だった。

なんてったって、
「どこが戦闘地域なのか、私に聞かれても分かるわけはない」
「自衛隊が活動している地域は、非戦闘地域だ」
などという、人をバカにした答弁をしてきたのが小泉純一郎首相。
人気があれば何を言っても許される、という最悪思考の持ち主だった。
その小泉氏のいい加減ぶりが、この判決できちんと指摘された。

現在、航空自衛隊が輸送業務に当たっているバグダット。
そこは「イラク復興支援特別措置法のいう戦闘地域に該当する」
と、名古屋高裁は、明確に認定したのだ。

しかも、この判決は確定した。
なぜなら、「原告側が求めた1人1万円の損害賠償は認めない」
ということで、判決の本体部分は国側の勝利。
つまり、国側は形式的には「勝訴」してしまったわけだ。
勝訴側は控訴できない。
だから、原告側が控訴しない限り、この判決は確定する。
すなわち「自衛隊のイラク派遣は憲法違反」が認定されたのだ。

むろん、国側はそれでも派遣を続ける構えだ。
「憲法違反」でもなんでも、自分に都合の悪い判決など、聞く耳持たない。

しかし、この判決の意味は重い。
来年の7月で切れる「イラク特措法」への影響は必至だからだ。
民主党は、基本的には「イラク派兵反対」。
参院では、イラク特措法の延長は否決される。
そうなれば、自民公明の与党は、またしても衆院3分の2条項での
再議決を目論むだろうが、しかし、来年の7月に、与党が衆院で3分の2の勢力を維持できている、と思う人はどこにもいまい。

それでも、転んでもタダではおきない自民党。
民主党に手を突っ込んで、「自衛隊派遣恒久法」を作ろうと目論む。
これが、いちばん危ないシナリオだ。

それだけは、何とか阻止したい。

それにしても、まともな裁判官もいたんだなあ。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
イラクへの航空自衛隊派遣は違憲
「イラクへの航空自衛隊派遣は違憲」
誰にだってわかる当たり前の判断ですが、違憲の疑いがあれば憲法判断を避け、行政追認が目に余る日本の裁判所にあって、今回の名古屋高裁の判決は本当に久しぶりに、まともな憲法判断を示してくれたと思います。
退官前にすぐれた判決文を残していってくれた青山裁判長に感謝したいと思います。
政府が成立を目論む「自衛隊派兵恒久法」は、憲法違反のイラク派兵を常態化しようとするものです。
絶対に成立させたはならない悪法であることは明白です。
平和を愛するキリスト者 2008/04/20(Sun)20:33:52 編集
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
耐用限度を超えた平和憲法
「イラク派兵は憲法違反 画期的判決が出る!」について  素直に読めば、自衛隊は憲法違反だと思う。憲法は自衛権を放棄していると思う。日本語が読み書きできれば、中学生でも、そう判断すると思う。無理に無理を重ねて、うそにうそを塗り重ねての、空自派遣であり、インド洋での給油活動だった。自民党政権は、限界ぎりぎりの憲法解釈だと説明してきたが、安保条約も自衛隊そのものも限界をはみ出した存在だった。昭和27年4月28日の日本独立の時点から、国際社会の現実のまえで、憲法の理念は実用性を失っていた。理想は空...
URL 2008/04/18(Fri)11:46:53
非戦闘地域ってどこだ?
新キャラ「タマちゃん」はいかがでしょうか・・・まだまだコメントが頂けそうなので、タマちゃんとともに楽しみにしてます。優しいおっちゃ...
URL 2008/04/18(Fri)21:26:00
職業人としての知的障害者・自閉症者支援。
 こんにちは。今日は、先日行われた「知的障害者・自閉症者への支援」をテーマとするセミナーと、「職業人としての福祉サービス」をテーマとするセミナーに参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  職業人として知的障害者・自閉症者に支援する場合、「知的障害者・自閉症者の福祉サービス利用者が、充実した、満足度の高い生活をしていくためには、どうすれば良いか」ということが課題となります。  職業人として知的障害者・自閉症者に支援する場合、「当事者の視点」「生活の充実性・満足度の視点」「経営の視点」「コミュニケ...
URL 2008/04/20(Sun)17:01:41
山口母子殺人事件裁判の死刑判決を受けて。
 こんばんは。今日、山口母子殺人事件裁判で死刑判決が出ました。この死刑判決によって日本社会は、「戦争」「貧困」「死刑」によって人間を殺していく「殺人社会」としての性格を一層強めたと言えるでしょう。  この日本社会を、お金を持っている人間、警察・軍隊・社会的強者から「真っ当」と認められた人間、どのような極限状況でも生きのびる生命力を持った人間、といった人間だけが生きられる社会にしていくのは止めた方が良いでしょう。このような社会状況において、自分と他者の尊厳と生命を守り育てていくために、私は努力します。 {/...
URL 2008/04/22(Tue)20:51:32
「そんなの関係ねえ(よしお風に)」by空幕長・首相も官房長官も外相も防衛相も自民党も「傍論」だから?
逝っちゃってます、空幕長。 東京新聞;[http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008041801000732.html 「そんなの関係ねえ」 高裁違憲判断で空幕長] {{{ 防衛省の田母神俊雄航空幕僚長は18日の定例会見で、航空自衛隊のイラク空輸活動を違憲とした名古屋高裁判決が現地で活動する隊員に与える影響を問われ、「純真な隊員には心を傷つけられた人もいるかもしれないが、私が心境を代弁すれば大多数は『そんなの関係ねえ』という状況だ」と発言した。 有...
URL 2008/04/23(Wed)20:31:52
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]