忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日、変な天気ですね。
みなさん、体調を崩してませんか?

さて、今週の「マガジン9条」は、

【伊藤真のけんぽう手習い塾】は、
これまでの回に引き続き「武力による防衛」を考えます。
日本が軍隊を持つということ、
それに伴って生じるさまざまな問題とは?
折しもイージス艦と漁船が衝突した事故から、
そしてそれを巡る対応から、
想像できることがあるのではないでしょうか?

【雨宮処凜がゆく!】は、
先日発売された雨宮さんの最新作
『全身当事者主義』の話題から。
「死んでたまるか戦略会議」という
サブタイトルも気になる、対談集です。

【やまねこムラだより】は、
ちょっと一息ついて、
やまねこ農園に暮らすねこたちのお話を・・・。
農園主の辻村さんから「暗いニュースばかりだから、
たまには、こんなコラムはどうですか?」と送られてきた、
たくさんの写真と、ねこの物語。ねこ好きには、必見です。

【世界から見たいまのニッポン】は、
中南米に12年にわたって暮らしてきた
通訳・翻訳家の高市吏江さんから。
ちょうど「地球の反対側」に住む人たちの、
日本に対するイメージや知識って?

【デスク日誌】は、「真実はどこにあるのか?」
イージス艦事故をめぐる情報の隠蔽・操作、
そして「新銀行東京」の経営危機に関しての、
石原東京知事の発言について。真実をきちんと示してほしい。
私たちの税金を使っているのだから。

【マガ9レビュー】は、日本の元気なものづくり現場をレポートした
『すごい製造業ーー日本型競争』を取り上げます。

その他、【みんなのこえ】【お知らせメモ】も更新しています。

それでは、今週もじっくりとお読みください。


(水島さつき)

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
水ではなく「ネコをさす」
いや~、ねこかわいいですね!
私も辻村さんと同じく、「いぬ派」から「ねこ派」に転向してしまったクチです。
しかもその発端は、これまた辻村さんと同じように、フリーター時代に職場のコンビニにやってきたノラネコのせいです。
最初はガリガリだったそのノラネコに、ドックフード(キャットフードより格安なので)を与え続けて、3倍くらいの大きさとなってしまいました。
あまりにもデブで食い意地が張った猫になってしまい、たらふく食ったにも拘らず、おねだりを続けてミャンミャン鳴いているので、「やめんかい!」と言ってその狭い額に空手チョップを打ち込むと、「みゃ?」っと鳴いて黙り、手刀を額から離すとまたミャンミャン鳴き出すところなど、7年経った今でも思い出されます。お間抜けでかわいかった…。

…と、そこまで書いて、何故辻村さんが突然「ネコ話」を今回の『やまねこムラ』で書かれたのかということに思いが馳せました。
そして辻村さんは、
「最近の海兵隊の事件と自衛隊の衝突事故で、マガジン9条の編集者や執筆者、読者の多くは頭がカッカしていることだろう。ここはひとまずウチの猫たちを紹介して、みんなに和んでもらい、心機一転してから憲法や社会の話をすればいいだろう。」
というコンセプトが真意であるということに気付かされました。

これは凄いことです。
私も、「カッカしないで冷静になるべきだ」と思って口を出してもガチンコになってしまい、結局相手には「水を差された」と思われ、怒りを買ってしまったり無視されたりすることがしばしばあります。
しかし、辻村さんは私とは役者も格も段違いです。
今回、ただ「論理」だけを押し通すだけでなく、辻村さんの様に全く違った方向から「情」を絡めていく事で相手の「情緒」を鎮め、お互いに冷静になれるというやり方があると言う事を知りました。


では、私も辻村さんに乗っかって、カッカしている皆様に、「ネコ」と「平和」を両方ともに満喫できる「和みネタ」をご紹介いたします。
ちなみにこれは「マンガ」ですので、マンガを読む習慣のない人や、劇画しか読まない方にはオススメできませんが、そうではない方には、「戦争や軍隊がなくなった未来の世界では、人々はこんな風にして日々を過ごしているのだろうか」と思いをついつい馳せてしまうような作品ですので、是非一度ご覧あれ。
アマゾンでの評価も高いですよ。

http://www.amazon.co.jp/ARIA-BLADE-COMICS-%E5%A4%A9%E9%87%8E-%E3%81%93%E3%81%9A%E3%81%88/dp/4901926128/ref=pd_sim_b_title_6

このマンガの未来世界のように、本当に戦争や軍隊が無くなればいいのですけどね…。
十文字(衆愚代表) 2008/02/28(Thu)21:31:48 編集
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
『新聞記者』
新聞記者 疋田桂一郎とその仕事 (朝日選書 833) (朝日選書 833)(著)柴田 鉄治; 外岡 秀俊出版社/メーカー:朝日新聞社価格:¥ 1,260ISBN/ASIN:4022599332Rating:★★★★★
URL 2008/02/28(Thu)05:29:53
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]