忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またも起こった、沖縄の少女暴行事件。
ほんとうに、腹が立つ。

すぐさま、
「あの少女は目立つような服装をしていたから、仕方ない」
なんて、分かったようなリクツを言う記事も出てきた。
すぐそれに便乗して「誘った女の子が悪い」などのブログも。

まったく、そんなにアメリカ様が大切なのかしら?

だからと言って、僕は
「あなたの家族が襲われたらどうする?」
なんて、ベタな反論はしない。

こんな意見はいかが?

日本政府は、岩国市民をカネでひっぱたいた。
だったら、アメリカさんもカネで横っ面を張ればいいじゃないか。
米兵が、一回犯罪をしでかすたびに、100億円!
これは、アメリカに払え、というんじゃない。
日本がアメリカ様に捧げている「思いやり予算」を減額するのだ。

うむ。
犯罪の悪質度に応じて、減らす額に差をつけるのもいい。
例えば、
殺人や強姦は100億円、強盗なら50億円、
交通事故は、悪質さを考慮して、30~10億円、
ヤク絡みは10億円、銃による犯罪にはさらに10億円をプラス。

これでどうだ!
米兵が犯罪をしでかすたびに、思いやり予算は減っていく。
沖縄では、米兵による犯罪が、年間100件以上起きている。
だから、年間で1000億円ぐらいは減額できるかもしれない。
直接の「思いやり予算」は、現在2000億円を超えているけど、
これで半額になる。
数年で「思いやり予算」ゼロだね。
そうすりゃ、米軍も困りきって日本から出て行くかも。

カネで解決するのが、日本政府のいつもの手法。
だったらここも、カネでカタをつけるのが一番じゃないか。



PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
Nice idea!
在日米兵の犯罪の悪質度に応じて、「思いやり予算」を減額するというアイディアは、かなり良いところを突いていると思います。

少なくとも、国会に野党がこの案をもちだしても何の遜色もないですし、与党側もこの案に対する反論を提示する事は、実のところかなり難しいのではないのでしょうか。

TOMさんは、「ほんとうに、腹が立つ。」とおっしゃってますが、その感情をそのまま批判にするのではなく、そこに「知」と「理」と少々の「ユーモア」を加えて短い言葉で批判しています。

こういう批判の仕方は、聞いている人にも感銘や考えさせる機会を与えますので、私は好きです。




反対にどなたが書いたものであるとかはあえて申しませんが、「私のウツ気分は、なかなか収まりそうもありません。」なんていう締め方で終わる、延々と愚痴を聞かされるような批判は、聞いているこっちの方もうんざりするので、そういうやり方は止めておいた方がよいでしょう。
十文字(衆愚代表) 2008/02/16(Sat)11:20:33 編集
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]