忍者ブログ
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鹿児島で起こった警察による公職選挙法違反でっち上げ事件が「冤罪ではなかった」って。それをメディアに批判されたら「もう冤罪という言葉は使わない」って。

この方、なんなのでしょう?

普通、政治家の失言というのは、腹の底で思っていることがつい口に出てしまうことを指します。たとえば「(朝鮮半島での)創氏改名は強制ではなかった」とか、「(スーパーフリー幹部のレイプをさして)男はそれくらいの元気があっていい」とか。数え上げればきりがありませんが、彼の腹の底にある言葉、それ自体がわけわからない。

「死刑は乱数表とかで、法務大臣の署名なしで自動的行われてもいいのではないか」は、“私は法務大臣の仕事をしたくない”と言っているようなものでした。その割には死刑執行数を増やしているようですが、「私の友人の友人はアルカイダ」にいたっては、諸外国に対する日本のイメージを悪くさせたがっているとしか思えない。

もちろん、ご本人にそんな意図はないでしょう。ただ、物事をきちんと考えることを身につけてこられなかったのだと思います。自民党総裁選では麻生太郎氏を推す理由として、「底抜けに明るいから」を連発。そして、先日は「自民党が次の選挙に勝てば、民主党のいい人が自民党にきて、政界再編が起こるから、兄の鳩山由紀夫からも私の携帯に電話が入る」。

この方が自民党→新進党→民主党→自民党と党籍を代えてこられたのは知っていますが、ところで「いい人」って何?

政治家の仕事の基本は、国の抱える問題を指摘し、その処方箋を示して、行く末に希望を抱けるようなメッセージを国民に送ることだと私は思います。

だから、鳩山邦夫さんは法務大臣の職だけでなく、政治家をお辞めになった方がいい。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]