忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベルリン自由大学で政治学を専攻しているデニス君とメールのやりとりをしていました。ドイツの州議会の緑の党/連合90(ドイツ統一後、旧西ドイツの「緑の党」と旧東ドイツの民主化運動の流れをくむ「連合90」が合併)議員団でのインターンシップの経験もある彼に、緑の党について聞いたのがきっかけです。

環境はとても大切なテーマだけど、ここ数年、ドイツの政党がどこも環境政策を重視しているなか、緑の党の存在意義は弱まっているのではないか。

そんな疑問を投げかけると、彼からはこんな答えが返ってきました。緑の党は環境保護を訴えるだけでなく、人種差別や偏見から解放された社会を目指しているのだと。

緑の党は男女間の格差や外国人差別、同性愛者に対する蔑視といった問題に敏感です。

そういう意味で、緑の党やその支持者たちの日本に対する目は厳しい。彼(女)らには、日本が先進国のなかでは、とくにマイノリティが生きづらい国に見えるからでしょう。

ちなみにデニス君の住むベルリンの市長、ドイツ社会民主党のクラウス・ヴォーヴェライト氏は2001年の市長選挙を前に、自分がゲイであることをカミングアウトしました。

それがマイナスにならないのが、この町のいいところ。いろんな人がいてOKという町は、よそ者にとっても住みやすい。

緑の党は「社会のマイノリティの利益を代表する」政党だとデニス君はいいました。といっても、同党が政界で少数派に甘んじているわけではありません。1998年から2005年までドイツ社会民主党と連立政権を組み、政権担当能力のあることは証明済みです。

ところでわが国の政党は、「国民のため」という言葉が多すぎると思いませんか? 

道路財源についても、日銀総裁の選出についても、国民のためになるとかならないとか。外交ならまだしも、内政問題には、そこで得する人と損する人が必ずいるはず。政党はそのどの層の利益を代表しているのか明らかにすべきだと思うのです。

国会空転の原因は、衆参ねじれ現象のせいではなく、きちんとした対立軸を示さない政党間の議論に原因があるのではないでしょうか。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
『昭和十年代の陸軍と政治』
昭和十年代の陸軍と政治―軍部大臣現役武官制の虚像と実像(著)筒井 清忠出版社/メーカー:岩波書店価格:¥ 2,730ISBN/ASIN:4000234439Rating:★★
URL 2008/03/15(Sat)05:14:40
「日中の文学・思想における異文化理解」
 こんばんは。今日は、関東学院大学文学部による日中フォーラム「日中の文学・思想における異文化理解」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  私はこのフォーラムに参加して、現代社会における「グローバル化」「消費社会化」「権力・管理社会化」に対抗し、相互の差異性・共感性を意識して、「人間性」を回復していくことが大切だと考えました。  このフォーラムでは第一に、相互の国家・社会におけるギャップ・差異と、共感性・同質性に意識して異文化理解を進めていくことが大切だと論じられました。例えば、ある中国人女...
URL 2008/03/16(Sun)23:21:46
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]