忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学校4年生のときに、細身で眼鏡の18番、稲葉投手のひたむきな投球に魅了されて以来、35年間、中日ドラゴンズを応援してきた私は、おもわずテレビの前で叫びました。
「やめてくれッ!」
野球ファンならご存知のとおり、一昨日の日本シリーズ最終戦。8回までパーフェクトピッチングを続けていたドラゴンズの山井投手が9回に落合監督に交代を告げられたのです。
結局、抑えの岩瀬が登板して、53年ぶり優勝、日本一、胴上げ。
でも私には「35年間待った結果がこれかよ。。。」というむなしさと怒りだけ。

もし山井の続投だったら?

ピッチャーだけでなく、野手は「絶対エラーできない」と神経を張り詰め、相手チームの打者は「ボールにかじりついてでも」とバットを握る。スタジアムのファンは一球、一球に息を呑む。
結果はどうあれ、しびれるような最終回を迎えたはずだったのです。
そんな貴重な瞬間を監督は「なし」にしてしまった。まるで人事異動みたいな選手交代で。

これも「勝利の方程式」?

スポーツの醍醐味はその方程式をぶっこわすようなプレーヤーの登場にあると私は思っていた。そして、そんな予想外の存在を使いこなせるかどうかで、指導者の度量が問われるのではないかとも。
翌日、落合監督の判断を「オレ流、非情な采配」と書くスポーツ新聞の見出しを見ましたが、私には「非情」ではなく「臆病」というか、ただ負けたくないというか。。。
これは一ファンのわがままだけではないと思うのです。ドラゴンズの選手たちにも、プロとしての貴重な体験を取り上げられてしまったのはマイナスだったのではないか。

プロは結果がすべて?

スポーツに「勝ち組」「負け組」みたいな発想を入れるのはどうなのかなあ。それってスポーツの自殺行為じゃないかしらん?
根っからのドラゴンズファンの私でも、こんな優勝は見たくなかった。
結局、この試合で最も印象に残ったのは、中4日の登板で力投した、敵のエース、ダルビッシュでした。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]