忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎週水曜更新の『マガジン9条』です。

みなさん、夕方からテレビで行われていた
小沢さんの記者会見、見ました?
私は見られなかったんだけれど、どうでした?

さて、今週の『マガジン9条』は・・・
【この人に聞きたい】に、
作家の落合恵子さんが登場。
ご自身のお母様を、
7年にわたって介護された経験を持つ落合さん。
その体験を通じて見えた、
日本社会を覆う「生きづらさ」について、
語っていただきました。

【伊藤真のけんぽう手習い塾】は、
「憲法下で行える日本の国際貢献」について。
このところ、自民党と民主党の大連立騒ぎの中、
テロ対策のための新法制定や、
自衛隊の海外派遣を定める「恒久法」などが話題に上がり、
民主党のアフガン支援対案も提出されるなど、
政治レベルでの「日本の国際貢献や安全保障」の論議がぞくぞく。

ここで原点にもどって、
日本が9条のもとで行うべき国際貢献とは何か?
国際社会とどう向き合えばいいのか?
について塾長が論じてくれました。

9条の拡大解釈や改憲ではなく、
9条があるからできることは何なのか?
に目を向けたいと思います。

【雨宮処凛がゆく!】は、
「若者を見殺しにする国、の巻」。
以前にもこのコラムに登場した、
「31歳フリーター。希望は、戦争」の
赤木智弘さんが、
同タイトルの著書を出版されました。
早速それを読みながら、
「これはマガ9で紹介しなくては」と
思ったという雨宮さんです。

【やまねこムラだより】は、
今回で毎週連載に一区切り。
これまで農業の楽しさ、
おもしろさを存分に語ってくれた辻村さんが、
「わたしもやってみたいけど、
具体的にはどうしたらいいの?」という人へ、
自分の体験もまじえてアドバイスをしてくれました。

【デスク日誌】は、またまた飛び込んできた
びっくりなニュース、
自民と民主の「大連立」騒動を取り上げます。
茶番劇としか呼びようのない一連の騒動の裏側で、
いったいどんな思惑が動いていたのか?を検証。

そして【マガ9レビュー】は、
群馬県の村で畑を耕しながら暮らす哲学者、
内山節さんの著書をご紹介。
「労働」という観点から「戦争」を見つめた一冊
『戦争という仕事』です。

その他、「みんなのこえ」「お知らせメモ」も更新しています。

それでは、今週もじっくりとお読みください。

(水島さつき)
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]