忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、ある会合に出席しました。
元沖縄県知事で前参議院議員の大田昌秀さんの「激励会」です。でも、実際は、大田さんの「政界引退を惜しむ会」だったのです。

大田さんは、一貫して「基地のない沖縄」を目指して活動してきました。知事であったときも、参議院議員であったときも。
その思いは実現できませんでしたが、しかし、大田さんの撒いた種は、確実に育っているといっていいでしょう。

この会には、坂本義和さんや国弘正雄さん、土井たか子さんといったリベラルの長老の方々のほかにも、沖縄出身の国会議員がほぼ全員、保守革新を問わず、出席していました。それほど、大田さんの存在感は大きかったのです。

もうすぐ80歳というのに、まだまだお酒も強い。ご挨拶も明快・明晰。ほんとうに、政界から引退するにはもったいない、という気もしましたが、誰かの挨拶にあったように「政界という泥の海から、沖縄の澄み切った海と空に抱かれて、著作に専念なさるのも、大田さんらしい生き方です」

「まだ100冊は書きたい本がある」という大田さん。
「最初は、いま問題になっている“日本軍の強制による集団死”を、きちんとした形で著述したい。そのための資料は、そうとうに集めている。そんなものはなかった、などという人たちが反論できないくらいの精密な本にしたい」と、意欲満々でした。

9月29日に行われた、沖縄・宜野湾海浜公園での「教科書検定意見撤廃を求める県民大会」の参加者数について、「2万人もいなかった」「写真に写っていた人たちを、ペン先で丁寧に数えたら1万9千人だった」などという意見まで出てきました。
なんとかあの衝撃を小さく抑えようとする人たちの焦り、とも受け取れます。

大田さんは、そんな妙な意見を蹴散らすような素晴らしい著作を、近々私たちに見せてくれることでしょう。

大田さん、ご苦労さまでした。
今度は、著述の世界でのご活躍を。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]