忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎週水曜更新の『マガジン9条』です。
寒いっすね。
今週末、東京はまた雪が積もるとか・・・。
テレビの情報番組によると
身体をポカポカさせるためには
「タンパク質」の摂取が効果的だって。
毎食、鶏のささみ、マグロの刺身のみを
食べてる我が家の猫は、
家中で一番、ポカポカなんだろうな。
さて、今週の「マガジン9条」は、

「この人に聞きたい」は、堤未果さんの第2回。
「日本の5年先の姿」だというアメリカの中に、
堤さんが見いだす「希望」とは? 
報道が過熱するアメリカ大統領選についてもご意見を伺いました。

そして、前回の岩国前市長インタビューに続く
「どーなってるの?米軍再編」シリーズ。
今週末に行われる岩国市長選を
「日本の民主主義が問われる選挙」と位置づける
前国立市長・上原公子さんにお話を伺いました。

「伊藤真のけんぽう手習い塾」は、
”憲法12条「自由や権利は、国民の不断の努力によって、
これを保持」を考える。”です。
私たちは、不断の努力をしているでしょうか?

「雨宮処凜がゆく!」は、
「プレカリアート文学、登場!の巻」。
大正・昭和の貧困がプロレタリア文学を生み出したように、
格差が拡大する現代社会からも、
また新たな文学が生まれようとしています。

「やまねこムラだより」は、「餃子と小麦」。
相次ぐ偽装問題、中国製餃子の殺虫剤混入事件、
そして穀物の大幅値上げ。命を支える「食」のあり方について、
もう一度考えてみましょう。

「こども医者毛利子来の狸穴から」は、
初の和解が成立した薬害C型肝炎の問題について。
国やメーカーが責任を問われる一方で、
「免責されていた人たち」とは?

「デスク日誌」は、
ここ数日ほどの間の事件・出来事・発言などを。
妙に心が沈むのは、全国を覆う寒さのためだけではないようです。

「マガ9レビュー」は、
落語をモチーフにしたフランキー堺主演の時代劇
「幕末太陽傳」を取り上げます。

その他、「みんなのこえ」、
「お知らせメモ」も更新しています。

ところで、先週お知らせした「読者プレゼント」
堤未果さんの著書への申し込み、多数ありがとうございました。
残念ながら、当たらなかった人は、
是非「マガ9」のアフェリエイトから買ってね。

それでは、今週もじっくりとお読みください。

(水島さつき)

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
無題
トップページ2/6更新分の「米大統領の選挙権を我らにも」は私の頭にはなかった発想で、大変面白いと思いました。「私は真剣に思います」とありますが、編集部スタッフからはどのような声が上がっているのでしょうか。
この選挙権取得について訴えるミニコーナーをサイト内に作るとよいと思います。もしそれが出来たら、インタビューゲストや連載中の諸氏に意見を寄せてもらいたいですね。
ヨシノブ 2008/02/08(Fri)23:01:21 編集
先週の9条王子
 コメントをメールで編集部に送れないので、こちらで失礼いたします。
 先週のマガジン9条の、コメント読みました。
 石原さんを手玉に取るオイルマネー王子の記事見て賛同しました!
 そうですよね。
 オイルマネー王子と同じように、石原都知事をやりこめる9条王子が日本にも必要ですよね?
 これからも、マガジン9条を応援しています!
sirokaze 2008/02/09(Sat)00:22:08 編集
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
「若者自立支援、この三年を問う」
 こんにちは。今日は、先日行われた労働政策研究・研修機構によるフォーラム「若者自立支援、この三年を問う」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  私は、このフォーラムに参加して、若者に対して上からの社会的統合を図る「治安対策としての若者自立支援」に対抗し、若者が自発的・自律的につながり合い、社会と若者が共に働きあうことのできる「市民的つながり・連帯による若者自立支援」を実行していくことが大切だと考えました。  現在、多くの若者が企業・学校・家族といったものからのつながりが薄く、社会から孤立した...
URL 2008/02/10(Sun)18:19:45
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]