忍者ブログ
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「亀田の試合見た?」
ここ最近、美容院に行っても、友だちに久しぶりにあっても、振られる話題です。確かに、話題に困ったときにそれなりに話がはずみます。
ちょっと前の朝青龍と一緒ですね。

亀田親子の態度が悪いとか、沢尻エリカの態度が悪いとか、朝青龍は仮病だとか・・・最近、今までもてはやされていた人が突然バッシングにあうということが増えています。「手のひら返し症候群」とかいうらしい。

そのことを分析する新聞記事なども見られますが、私はその原因はテレビにあるのではないかと思っています。

先日代休をとって平日家にいたら、テレビの情報番組では驚いたことに、朝から晩まで、新聞を読んでいることにきづきました。
今まで、仕事にでかける前の朝の番組で新聞記事をボードにはって、「●●新聞では~」「××スポーツでは~」と政治からゴシップまで読み上げてくれる番組があることは知ってました。もちろん、おもしろくみてたし。

だけど、あれって、一日中やってるんですよ。11時くらいからも。14時くらいからも。16時くらいからも。
だから、エリカ様のご機嫌が悪いという記事が一部のスポーツ新聞に出たところであんなに大騒ぎにはならないはずなのに、ずーっとテレビで読まれ続けると、「何よ、あの子態度ワルい」っていう感情が一日で醸成されてしまうような気がします。ケガした横綱がどこの温泉にいようが、礼儀知らずの小娘が「別に」と答えようが、ケンカは強そうな若者が坊主にすれば「ごめんなさい」を言わなくてもいいと思っていようが、どうでもいいことですむはずなのに、今のテレビはえんえん新聞を読んで、とてつもない大騒ぎにしてしまうのです。

だけど私が疑問に思うのは、もし新聞が間違っていてもテレビはそれを読み続けて、次の日の訂正記事を同じように読むのでしょうか?間違ったのは新聞だから、自分たちはそしらぬ顔?

人のフンドシで相撲をとっているテレビ。取材もせず、自ら原稿も書かない。ただ新聞記事を映すだけ。読み上げるだけ。
そんなことで報道機関といえるのでしょうかね。

もちろん、相撲部屋でのリンチやボクシングのルール無視はよくないことだと思うけど。無責任なテレビのあり方のほうが気になっています。

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]