忍者ブログ
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今年の8月1日に「世界から見た今のニッポン」に「韓国9条委員会宣言」を寄稿してくれたキム・セングク教授から、来月、ソウルで行なう予定の「韓国9条の会結成式」のレターが届きました。場所は現在、交渉中とのことですが、翌日には龍山(ヨンサン)にある米軍基地の視察や国立中央博物館での韓国歴史学習会も行なうそうです。
 詳しくは下記のメールアドレスに問い合わせを(英語かハングル語の方がいいかも)。
 ソウル在住のマガ9読者の方、また、下記の期間、韓国旅行をご予定の方、ぜひ参加して、現場の報告をお願いします。

*      *      *

拝啓
 紅葉の季節を迎え、皆様御清栄のことと察します。
 今年7月から<韓国九条の会(仮称)>がささやかながら活動を始めました。<韓国九条の会>は日本の平和憲法を護る運動を支援するに止まらず、韓国においても統一朝鮮の平和憲法をつくるための運動に力を尽しています。
 この度このような運動を内外に公式的に宣言するため<韓国九条の会>結成式を催すことになりました。
 ご多忙のことと存じますが、ご参加頂ければ幸いに存じます。

日程
1.結成式行事
日時:2007年11月17日(土) 15時~18時
第1部:平和憲法に関する討論会 15時~17時
第2部:結成式典 17時~18時
場所:交涉中

2.視察と学習会
第1部:11月18日(日)9時30分~12時:龍山(YongSan)米軍基地視察
※龍山米軍基地正門前に9時30分集合
※龍山米軍基地正門はソウル地下鉄4号線三角地駅12番出口から200m.
第2部:韓国歴史学習会(韓国歴史の旅) 於:国立中央博物館
13時30分~15時30分(オプション)
※国立中央博物館入口は地下鉄4号線三角地駅12番出口から100m(龍山米軍基地正門のそば)

参考
 イ)お泊まりの相談は金承國(KimSeungKuk)に連絡して下さい。
 ロ)御参加の方の経費は本人負担を原則としています。
連絡先:金承國 <韓国九條の会>国際連帯担当。
e-mail:seung815@kornet.net

*      *      *

「韓国9条の会」提案文

「平和憲法」と呼ばれる日本国憲法は、1946年11月に公布され、1947年5月に施行されました。その平和憲法の核心は、その前文と第9条にあります。第9条は日本の「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を訴えており、2007年6月現在まで一度も改正されたことがありません。その条文は次の通りです。 

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ところが、現在日本の内閣と支配層は憲法第9条の理念を廃棄し、日本の軍事大国化を推し進めようとしています。小泉政権を引き継いだ安倍政権も平和憲法を改悪して、自衛隊の正規軍化を図ろうとし、既にそのために、改悪派に有利な憲法改正のための国民投票法が成立しました。アメリカの支配権力も東アジアの覇権を維持するため、日本の軍事大国化を強く求めています。

このように、日米同盟を強化しつつ、日本の平和憲法の改悪、自衛隊の正規軍化、自衛隊の海外進出が推し進められています。これは朝鮮半島と東アジアの情勢をいっそう不安定にし、東アジアの平和を脅かすものです。

したがって、私たちは朝鮮半島の統一と東アジアの平和のためにも、日本の平和憲法の改悪を阻止する必要があります。これは日本の市民だけの課題ではなく、平和を希求する人びとの共通の課題でもあります。日本の平和憲法を守る運動は、結果的に東アジアの平和を守る運動になるでしょう。

これまで日本国内にとどまっていた平和憲法を守る運動を、国外からも支援することが至急に求められています。その一環として、韓国で平和を願う人びとが集まって、日本の平和憲法第9条を守るたたかいを支援する運動が必要だと考えました。

そこで、私たちは「日本の平和憲法第9条をともに守る韓国市民の会(略称; 韓国9条の会) 」を結成し、以下のような活動をすることを呼びかけます。

第一に、アメリカの東アジア覇権戦略に便乗して、日本の保守勢力が推し進めている平和憲法改悪を阻止するため、日本の市民活動を支援すること。

第二に、アジア諸国の平和を脅かす日本の軍事大国化を阻止するため、アジアの市民の連帯を呼びかけること。

第三に、戦争や武力行使を禁止する日本の平和憲法の精神は、全世界の平和のために有効かつ普遍的な精神であることを広く知らせること。

第四に、韓国で推進されている国家主義や軍事主義の流れを食い止め、市民の力で平和を守り、戦争と武力行使に反対する活動を展開すること。

2007年10月13日
提案者:金承國(Kim Seung Kuk)/丁鍾權(Jung Jong Kwon)/盧世極(No Se Geuk)/韓錫浩(Han Seok Ho)
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
憲法9条の価値  「9条世界会議 と 世界平和」
人気blogランキング   平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張っています。 ワンクリック・・・どうぞよろしくお願いします! 時空を超える戦争の恐怖・・・終戦記念日に思うのエントリーでは、法律の解釈
URL 2007/10/27(Sat)00:53:15
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]