忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の日曜日、稲刈りをしてきました。
ある大学教授が教え子たちと開いている実習講座への、
飛び入り参加です。
種蒔き、田植え、草取り、稲刈り、脱穀、餅つき---。
自らの手で、実際に稲の生育に付き合うという、
まことに楽しい授業です。

 「東京にも、まだこんなところがあるんだなあ」と
感心してしまうような、なんとものどかな山あいの田んぼです。
すぐ横を渓流が走り、水音も爽やか。田んぼの少し上の方には、
畑が広がり、さらにその上にはかなり朽ちた神社もあります。
能舞台らしきものまで付いているのですが、
しばらくは手入れもされていないようで、
舞台には穴があいています。

 「ここをなんとか再興したいなあ。
npoを作ってトラスト運動を始めたいんだ。
あそこでお神楽なんかが奉納されたら、楽しいだろうしね」と、
教授は真剣な顔で語っていました。

とってもいい天気、赤とんぼが飛び交い、
稲穂の陰からいなごも飛び出します。
機械を一切使わず、鎌で稲を刈り取り、
丸太を使ってはさばを作り、稲束を干していきます。
初めて参加する学生さんも多数。
刈り取った稲をどう束ねていいのか、悪戦苦闘です。

指導してくださる農家の方に、
手取り足取り教わりながら、
それでも時間が経つにつれて、
それなりにサマになってくるから不思議です。

そして終わった後は、
さんまジュウジュウのバーベキューです。
まあ、これが目的で参加している"不純な動機"
の人物もかなりいたようですが、それはそれ。
ビールやワインもあけられ、
秋の日がとっぷりと暮れかかるまで、
風に吹かれながらの宴会でした。

もちろん「マガジン9条」連載の
「やまねこムラ」の辻村さんと比べたりするのは
とても失礼ですが、
それでも、農業の奥深さの一端に触れた気はしました。

食料自給率の凄まじい低下が危惧されています。
みなさん、年に一度ぐらいは、
実際に田んぼや畑に出てみてはいかがですか。
お米の美味しさとありがたさを実感するはずです。
そして、農業の大事さが再認識できると思いますよ。
(TOM)
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]