忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

nomade_ft「ノマド〜s」というダンスカンパニーの宣伝美術をしています。図案チームとしての僕らは、「マガ9」のほか、当然、いろいろな仕事を日々しているわけですが、そんななか、ビジネスを超えて、個人的にも応援したい仕事というものがあります。この彼らの公演のチラシをつくることもそんな仕事のひとつです。

 彼らのダンスは、「コンテンポラリーダンス」とよばれるジャンルに属するのかもしれませんが、ノマド作品が興味深いのは、そのテのジャンルの作品が、えてして「ダンスのためのダンス」に嵌ってしまうことに、彼ら自身がとても意識的だということです。ノマド作品を見るたび、ダンスへの情熱のみならず、「ダンスってなに?」「発表ってなに?」と、作品と「この社会」、というより、「この生活」との関わりを問い続けている気がしてなりません。そして、見終わった僕らは、いつも、自身の仕事を振りかえらされます。

 ノマド作品を思うとき浮かんでくる言葉に「混沌」があります。たとえば、シンボリックで強い表現は、合理的なコミュニケーションを実現すると信じられています。実際にそうだとも思います。ですが、彼らの作品は、そうした手法が取りこぼしてしまうもの、フォーマットにノれなくて無いことにされてしまう感覚や感情、そんなものを見つけたり、拾ったりしながら、いつも下を向いてうしろの方から歩いてきます。ザワザワとして不確かでつかみどころがない。そんな言葉にならない闇のかたまりがダンスの熱といっしょになって静かに迫ってきます。

 8年ほど前の公演チラシに、そんな彼らの、こちらはなかなか明快な宣言をみつけたので抜粋。
----------
 人間における入力とは「きずつく」ことであります。「なぐられる」ことであり「もうまくがやけつく」ことであり「こまくがやぶれる」ことであります。その入力は「ワリにあわないモノ」と交換される仕組みになっています。人間はそんな「不当感」をカラダの中に溜めつづけています。ときおり、その蓄積物は、「誰かを、あるいは自分を殺す」というカタチで出力されます。仮に「我々は『よく』生きたいのだ」ということを信じるのならば、それらは「正しく」出力されなければなりません。そのことに限りなく接近できる言語が「ダンス」であります。
----------

ダンスカンパニーノマド〜s新作公演
「時の花ーFlowers and Time」
8月1日〜3日、青山スパイラルホール

チケット購入、作品情報はこちらから。是非。

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]