忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎週水曜更新の『マガジン9条』です。
暑さのせいなのか、
夏休み前の山積み仕事を見ての
冷や汗なのか、
わからない汗をかきながら
水島さつきが、
汗だく更新のお知らせにやってまいりました。
うっとうしくてすいません。

さて、今週の「マガジン9条」は、

【森永卓郎の戦争と平和講座】は、
原油や穀物の値上がりに見え始めた変化の兆候について。
そこには、単に「生活が楽になる」
以上の大きな意味があると森永さんは言います。

【鈴木邦男の愛国問答】は、「領土」がテーマ。
ロシアとの北方四島をめぐるやりとりの変遷と、
竹島問題をめぐっての日韓の関係についてです。
28日に発売になったばかりの、
『愛国の昭和』(講談社)は、鈴木さん渾身の書き下ろし本です。
本屋さんで手にとってみて。

【雨宮処凜がゆく!】は、今月出た雨宮さんの新刊と、
貧困ゆえに戦場に送られる米兵たちの姿を追った映画
「アメリカばんざい!」をご紹介。
どちらも必読&必見です!
映画「アメリカばんざい!」は、ただいま東京・中野で上映中。

【癒しの島 沖縄の深層】は、
米軍再編をテーマに沖縄で開かれたあるシンポジウムの話を。
基地返還をどう実現させていくべきなのか、
地元自治体の間での議論が続いています。

【週間つぶやき日記】は、再び震災対策とオリンピックについて。
繰り返される「無差別殺傷事件」についても考えました。

【マガ9レビュー】は、軍事政権下の韓国を、
ある平凡な家族の視点から描いた映画「大統領の理髪師」を取り上げます。

【アピール9】も久々に更新。
「キュウとキュウ子のいる風景」に素敵な写真が
届きました。

カンパで【すてき☆てぬぐい】では、
大好評をいただいている「すてき☆てぬぐい」の在庫状況について、
報告してます。えっ、残りこれだけ! 

その他【みんなのこえ】も更新しています。
【お知らせメモ】は、随時更新となりましたので、
時々、チェックしてみてくださいね。
告知したいイベント情報は、専用メールフォームからどうぞ。
「お知らせメモ」のコーナー内のトップ、左側にあります。

それでは、今週もじっくりとお読みください。

(水島さつき)

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
お行儀良くね(^^)
どうでもいいことですが・・お玉は伊勢崎賢治さんと同じ日のうまれです・・・すごくうれしかったけど、ある時マガジン9条の「週刊つぶやき...
URL 2008/07/31(Thu)15:12:51
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]