忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノーパンしゃぶしゃぶ、消えた年金、そして居酒屋タクシーと、官僚による税金の私的使いっぷりの報道が絶えません。

国家公務員を志望する人の動機には、「公僕として国を支えたい」や「安定した職場で働きたい」などがあると思います。前者なら誇りをもつことができる。後者なら安心が得られる。

なのに、その上、お金もたくさんほしいとなると話はおかしくなる。お金を稼ぎたいなら民間を目指せばいいのに。

キャリア官僚の方と話すと、ときどき、彼らに「これまでの人生で行った投資を回収している」意識があるように感じることがあります。国家公務員の上級試験に合格するため、多くのお金と時間を費やしてきたのだから、その努力に対する報酬(たとえば天下り)は当然――みたいな理屈。

人生が努力と我慢の連続だったと考えているとすれば、トップレスのお姉さんを見ながらしゃぶしゃぶ食べたり、年金保険料でカラオケセット買ったり、タクシー乗って現金をキックバックしてもらったりするのは「ご褒美」と思えるのかもしれません。

高級官僚は学校での競争に勝ち抜いてきた方々です。その勝利の恩恵のひとつが居酒屋タクシーだったとすれば、それはあまりにも悲しいし、競争って何なの? と疑問に思えてきます。

もうすぐ北京オリンピックで、個人的には日本のサッカーチームのプレーに期待しているのですが、前回のアテネ男子では、山本昌邦監督が過剰なほど「チーム内での競争」を言うのが気になっていました。

一流アスリートの世界を知るべくもないので、えらそうなことは言えませんが、試合の直前までレギュラーを固定せず、内部で競争させたら、本番でみんな心身ともにへとへとになっているのではないかと思ったのです。

「だからアテネでは予選リーグで敗退した」などとはいいません。ただ、チームがまとまったら、早めにレギュラーとサブの役割分担を明確にしたほうが全体の力はアップするのではないか。

今月から始まったサッカー欧州選手権でのイタリアやドイツの試合を見ていると、その強さは内部の過剰な競争とは違うところにあるんじゃないかと思えてきます。

――なんて印象論で、話がずれました。

ただ、日本は「和」を大事にする集団主義のメンタリティといわれているけれど、実はかなり個人主義的なのではないか。最近そんな気がしています。

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
マガジン9条カンパのお願い
いつもお世話になっているマガジン9条さん・・ カンパのお願い記事がでてましたので〜〜 お玉も宣伝しちゃおうっと。 カンパ2口2千円以...
URL 2008/07/02(Wed)22:08:31
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]