忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎週水曜更新の『マガジン9条』です。
ご存じの通り、福田首相の突然の辞意表明。
仰天しつつも、コラム執筆陣は、
【雨宮処凜がゆく!】、【癒しの島 沖縄の深層】、
そして【つぶやき日記】で、
これについていち早く書いています。

ところで、「サイト内検索」を目次ページの左上につけました。
この検索があると調べ物にも大変便利。ぜひ、ご活用ください。
例えば、ここで「麻生太郎」を検索してみたところ、
15件の過去の記事がヒット。
読んでいくと・・・
ああそうだった、麻生氏と安倍氏は盟友だった!
とっくに闇に葬られたヒト、だと思っていた安倍氏が、
ここにきて復権もあるのね・・・・
ニッポンの明日はどっちだ!?

さて、今週の『マガジン9条』は、
【この人に聞きたい】は、
元文科省官僚の寺脇研さんにご登場いただきました。
憲法について、9条について、その信念や思いを語っていただいています。

【鈴木邦男の愛国問答】は、街宣車について。
「うるさい」「怖い」イメージの強いこの「言論の道具」について、
そのそもそもの始まりを紐解いてみました。

【狸穴から】は、争い事の仲介に使われる「まあ、まあ」という言葉に注目。
無駄な争いを避ける、のは間違ってはいないけれど…?

【雨宮処凜がゆく!】は、蟹工船と「とんデモ」と福田辞任。の巻。
最初と最後はともかく、「とんデモ」って、何?

【癒しの島 沖縄の深層】は、突然の「首相辞任」について。
沖縄に何らかの影響はもたらされるのでしょうか?

【つぶやき日誌】は、怒りと悲しみが込み上げる、
アフガンで起こった事件について。
一昨日に飛び込んできた「辞任」ニュースについても取り上げています。

【マガ9イベント報告】では、伊勢崎賢治さんの講演の収録をしています。
混迷するアフガニスタンの今。そしてそれは、
国際社会の関与とは無関係ではないということ(もちろん日本も)について、
現場にいた伊勢崎さんからの貴重な報告です。
まずは前半をお送りしています。

その他【みんなのこえ】も更新しています。
【お知らせメモ】は、随時更新となりましたので、
時々、チェックしてみてくださいね。
告知したいイベント情報は、専用メールフォームからどうぞ。
「お知らせメモ」のコーナー内のトップ、左側にあります。

それでは今週もじっくりとお読みください。
(水島さつき)

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]