忍者ブログ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10年以上前ですが、中国・内蒙古自治区の満州里、新疆ウイグル自治区のウルムチに行ったことがあります。

 満州里の中心部から自動車で15分も走れば、見渡す限りの大平原。大陸に吹く初夏の風に身を任せて、はるか遠くの緑濃い丘陵に目を向けると、ところどころに白いパオが点在していました。パオとは隣国に住む同じモンゴル族が使うテント式移動住宅です。

ウルムチは建設ラッシュでした。町中に響く槌音は、改革開放経済が進む中国各地で聞かれるものでしたが、北京や上海と違うのは、町の商店の看板がウイグル文字と略式漢字の併記になっていること。町を歩くウイグル人の顔立ちは彫が深く、漢民族とはまったく違う印象です。

対ロシア国境貿易に沸く満州里には漢民族の商人が大量に流入しており、モンゴル族の比率がどんどん小さくなっている。ウルムチも同様だが、ここではそれに反発するウイグル人のテロが起こっており、中国政府が警戒の目を光らせている。

現地でそんな話を聞いて、はたして、様々な言葉、宗教、生活習慣をもった十数億人の民を抱えた中国が、いまの体制のままやっていけるのだろうか? と疑問をもったことを、チベット問題で揺れる中国のニュースを聞いて思い出していました。

今年夏の北京五輪を前に、世界の中国に対する目はますます厳しくなっています。しかし、中国は外国の批判に容易に耳を貸しそうにありません。

ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議した西側各国が1980年のモスクワ五輪参加をボイコットしても、ソ連は侵攻をやめませんでした。ソ連軍がアフガニスタンから撤退したのは、それから8年後です。長期化した戦争によって国民の厭戦気分が広がり、国内経済が疲弊してしまったあげくの決定でした。

イラクに戦争をしかけたアメリカしかり。大国が外国に文句を言われて、路線を変更した例は歴史上、ほとんどありません。ましてや中国は「面子」にこだわる国柄。ダライ・ラマも言っていたように、中国に「五輪開催国に相応しい振る舞いをせよ」と言い続けるしかないのではないか(ちなみにマガ9編集部には、来日中のダライ・ラマ14世に、ランニングと短パン姿で「ダライ・ラマさんは日本国憲法9条についてどう思いますか?」と問うて、チベットの法王をうならせたツワモノがいます)。

面子をつぶさないよう、なだめ、おだて、すかしながら、チベットの人々にはエールを送って、彼らに国際社会から孤立していないことを知らしめる。かなり面倒くさいですが、大国の国民ではない私たちは、長期戦を覚悟して中国と向き合わなくてはならないと思います。

たとえば、かつての西ドイツは、1970年代以降、ヨーロッパの安全保障のために核大国ソ連と粘り強い対話を続けました。そうした長年の努力が、現在のヨーロッパの基盤をつくったといえます。

いかに中国と付き合っていくか――これは21世紀の日本とアジアにとってとても重要な課題だと思うのです。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
「死刑と日常」
 こんばんは。今日は、先日行われたH氏の講演「死刑と日常−闇の声あるいは想像の射程について」を聴いて、私が考えたことを書きたいと思います。  私は、今回のH氏の講演を聴いて、現代の日本社会における「戦争」「貧困」が広がっている状況に対抗し、「自分にとって都合の悪いものとしての「他者」を愛する」という本来的な意味での「愛」を日本社会において育てることが死刑廃止につながると考えました。  H氏は、現代の日本社会において「自分にとって都合の悪いものとしての「他者」を愛する」という本来的な意味での「愛」が欠如...
URL 2008/04/06(Sun)23:56:48
私は走る・でも人権侵害は許さない。
ダライ・ラマが一貫して北京五輪を支持する立場を改めて表明し、聖火ランナーへの過剰な妨害行動の自粛を訴えてます・・・・彼に対してのさ...
URL 2008/04/07(Mon)17:38:33
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]