忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎週水曜更新の『マガジン9条』です。
いい天気です。東京は、久しぶりの快晴。
さて、今週の『マガジン9条』は、

【この人に聞きたい】は、
先日緊急インタビューもお届けした
ドキュメンタリー作家の森達也さん。
今週号では、近著『死刑』を中心に聞いています。
テレビなどでも伝えていますが、
本日は、裁判員制度導入のちょうど1年前。
もしかしたら来年の今ごろ、あなたは裁判員に選ばれ、
難しい審理に加わっているかも・・・。
そうした時に、死刑制度のあるこの国で、
「死刑」をどう判断するのか? 
あなたは死刑を言えるのか?


実は「死刑」は、
憲法9条ともとっても深い関係のあるテーマです。
この現状を知り考えるためにも、
森さんの著書『死刑』は、必読です。
サイン本のプレゼントもありますよ!


【どーなってるの!?米軍再編】シリーズは、
番外編として「宇宙基本法って何?」を。
本日、成立しましたこの法律。
法案には「宇宙局」の制定なども盛り込まれていて、
名前からして冗談みたいだけれど、どうやら本当らしい。えっ、何それ? 
知れば知るほど、これまた9条ととても関係が深い。
というか、これって宇宙における9条改憲?
成立後の動向にも注目です。

【雨宮処凜がゆく!】は、
先週に続き「インディーズ系メーデー」や
「世界9条会議」のレポートを。
今週もびっくりする事実満載ですが、
その一方で生まれたたくさんの出会いやつながりに、
元気づけられる気がします。

【狸穴から】は「人を動かすもの」。
毛利子来さんが考える
革命や一揆などの「行動」に人を突き動かすものとは、
さて、何でしょうか?

【癒しの島 沖縄の深層】も更新。
5月15日、今年で36回目となる沖縄本土復帰記念日に、
岡留安則さんが考えていたこととは。

【やまねこムラだより】は、「13億のマリー・アントワネット」。
フランス王妃と「食糧問題」との関連は、読んでのお楽しみ。

【マガ9レビュー】は、
1980年代の中国映画の名作「黄色い大地」を取り上げます。
その他、【みんなのこえ】【マガ9レビュー】も更新しています。

それでは、今週もじっくりとお読みください。
(水島さつき)

PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
明日BS2で伊勢崎さんの本が紹介されます
皆さん、お久しぶりです、タマちゃんです。お玉おばさんが「対話と共感」を求める旅へ出かけちゃって、夜まで帰ってこないので、またご用を...
URL 2008/05/23(Fri)08:42:00
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]