忍者ブログ
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)といえば、「鳩子の海」とか「おしん」(古い!)を思い出すのがせいぜいだったのですが、今年10月から始まった「ちりとてちん」にハマってしまいました。

何事にも後ろ向きだった少女が落語家を目指すというお話で、朝ドラの「少女から大人への成長物語」という基本は抑えつつ、泣かせるシーンと渇いたギャグがテンポよく入れ替わり、それを芸達者の俳優さんたちが絶妙の間でもって演じる。おかげで、こちらは出勤前から、泣いたり、笑ったりの忙しい朝です。

登場人物の名前、小物、言葉、最初は気にも留めない事柄が後になってつながってくる。また、主人公2人の対話シーンでカメラがゆらゆら動いたり、五木ひろしの演歌を使ったかと思えば、バックにシャンソンや吉田拓郎のフォークを流したり。この脚本家と演出家、ただものではありません(すでに有名な人なのかもしれませんが)。

そして何よりいいのは方言。ちりとてちんの舞台は福井県小浜市と大阪。多少の誇張はあるのでしょうが、とくに福井の若狭湾地方の言葉がやわらかく、ちょっととぼけた感じで、すごくいいんです。

方言を聞くのが好きなのは、私が東京郊外という土地の言葉が希薄なところで育ち、高校生のとき、父の故郷である香川県西部の小さな、小さな町に引っ越したせいかもしれません。

思えば、外国に留学したときよりも、学校で讃岐弁に囲まれたときのショックの方が大きかった。周りがまったく別の人間みたいに見えたものです(香川県民の方、すみません)。国道や県道には、喫茶店やドライブインよりもうどん屋の方が多かったし。

転校直後、東京が恋しくてゴールデンウイークをはさんで1週間以上、無断で学校を休んで上京したときは、先生にえらく怒られたのですが、その後の高校の暮らしは何とも面白く、讃岐弁もそれなりに身につきました。

だから、あなたの故郷は? と聞かれると、東京の住宅地ではなく、毎日自転車で50分かけて通った山沿いの通学路が浮かんでくるのです。
PR
Comment※コメントは承認制とさせていただいてます。
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
AboutUs
マガジン9条編集部
magazine9
ここは「マガジン9条」のブログです。「マガジン9条」とは、05年の3月に立ち上がった週刊のウェブマガジン。「憲法9条」のことを中心にさまざまな記事を掲載しています。このブログは、その「マガ9」の編集に関わるスタッフたちよって綴られる日々のあれやこれやです。「マガ9」の更新情報や、編集からこぼれてしまった情報などもこちらで紹介していきます。
●スタッフ紹介・・・・
水島さつき)
編集作業と事務局の仕事、それから週一のメルマガ担当。時々、「この人に聞きたい」インタビューや対談、ルポなどもやってます。年齢は秘密です。趣味は、猫を可愛がること。
コルヴィッツ)
「世界から見た今のニッポン」へのコラムを集めるべく、友人知人関係を越えて、ネットの海を遊泳しています。気分転換にやるのは、深夜にロックをヘッドフォンで聴いて踊ること(もちろん誰も見てないところで)。
想起来)
(シャンチーライと読んでください。中国語で「思いつく」)「マガジン9条」創刊以来の関わりですが、今は特に担当はありません。関心があるのは、肩こり、眼精疲労、腰痛をどう治すか。北京五輪に行くかどうか、迷ってます。好きな食べ物は、りんごとおせんべい。
アンドレ)
2m近い身長に120キロの体重をもち、どこからどう見ても体育会系、が、まったく運動をしたことがないオタク中年サラリーマン35歳。埼玉県在住。マガ9のアクセス向上主任。好みのタイプは音無響子。
図案チーム)
デザイン、イラストを担当の4人チーム。マガ9のページデザインには、読みやすさ、明るさ、ばかばかしさ、正直さ、テキトーさを心がけています。
「マガ9」の本
「マガジン9条」に連載されていた記事から6冊の本が生まれました。※アマゾンにリンクしています。






広告:忍者ブログ、[PR]